仲良し3姉妹、爆睡中


by sen59maru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2006年 08月 ( 16 )   > この月の画像一覧

日本一高価な。。。

日本一高価なグルメバーガーをいただいてきました。紹介写真はこちら
薄暗い店内で、なんとか写真を撮ってみましたが、、、迫力がまったく伝わりませんね(苦笑)
b0064365_20585769.jpg


今月で会社をやめる方が「どうしてもこれを食べてみたい」というので、送別会をかねて、便乗したいこのバーガーに興味があるメンバーが集まったのでした。

出てきた皿には、ハンバーガーと山盛りのポテト。オニオンリングが2本と巨大なピクルスが1本添えられていました。
ハンバーガーは分厚いので、上から押し潰し、ナイフで切ってから食べることにします。
和牛100%パテは225gもあり、かなりボリュームがありました。ほぼすべて赤身肉のせいかジューシーだけどあっさり目のお味。チーズ・ベーコン・オニオン・トマト・アボガドとのバランスはよかったです。ただ個人的には、バンズがもう少し柔らかめ&しっとりめの方が好きかも。

苦戦しつつもバーガーを完食。フライドポテトはかなり美味しかったのですが、さすがに食べきれませんでした。

また食べたい、と思うほどのものではありませんでしたが、話のネタとしては”おいしい”ハンバーガーでした。勇気があるかたはぜひ一度お試しあれ。
[PR]
by sen59maru | 2006-08-30 20:58 | 美食(?)めぐり

カート初体験

今日もさわやかな気候。昨日に続き、またまたカート場にやってきました。
カートにも乗ったことがない私たちですが、いきなり「カップル会員」に申し込んでしまいました。入会プレゼントとしてもらった「10周券」を使って、今日はおそるおそるの初体験です。

50分ほど待った頃に名前を呼ばれたので、いそいそとピットに向かいました。
ここで最初に5分ほど説明を聞いたあとに走行スタートなのです。

「では、ヘルメットをかぶってください」(
あ、まずはヘルメットなのね)
 原チャリ用みたいなヘルメットをかぶると、周りの音が聞こえにくくなりました。
「じゃカートに乗ってくださーい」(もう乗るんだー)
 見よう見真似でとりあえず乗り込んでみました。
「エンジンかけてください」(はあ?)
 なんと、カートのエンジンは自分でかけるんですね。知らなかった。
 キーをひねってみると、簡単にかかりました。

さあ、フラッグの意味とかルールとか、いろいろ説明聞かなきゃね~と思っていたのに、スタッフのお兄さんの動きが変です。私の右前方に止まったカートに対して、「はい、スタートしてください」なんて言ってます。

そして、1台、次の1台と次々にカートがコースに出て行きました。あれよあれよというまに私の前に止まっていたNaoの番になり、次に私の番になってしまいました。

ここまできたら、「えーい、ままよ!」です(笑)
事前にNaoから「右足がアクセル、左足がブレーキ」「バックはできない」程度のことは聞いていましたから、操作は問題ありませんでした。スピンもクラッシュもなかったし、初めてのわりにはいいタイムで走れたみたいだし。
(ただ、途中で振られたフラッグの意味がわからなかった。。。やはり説明聞いておきたかったなぁ)

わずか10週でしたが、汗をかきました。そして腕から背中が筋肉痛になってしまいました。
でも気分は爽快!楽しかったです! せっかく会員になったことだし、タイム短縮を目指してまた乗りにきたいです♪
[PR]
by sen59maru | 2006-08-27 23:59 | 車&ATV

カート場初訪問。

待ちに待った土曜の空は、うす曇。暑すぎず寒すぎず、ちょうどよい気温です。

昼前には家を出て、地元にありながら行ったことがなかった「アロワナ専門ショップ」と「カート場」に足を運びました。
アロワナ専門ショップは、若いオーナーが1人で切り盛りしているお店でした。本当にアロワナが好きで好きで、ついに本職にしちゃった、という感じです。生体の値段はかなり良心的なのですが、それでも仔犬より高い。。。どうやらNaoは、アロワナ飼育をあきらめたようです。

そしてカート場。以前より存在は知っていたのですが、予想以上に家から近くにあって驚きました。東京や埼玉からもお客さんが訪れる、人気のスポットらしいですね。こんな騒音を出す施設が市内にあるなんて不思議な気がしますが、市内とはいえ河川敷かつ工場地帯。住民に騒音で迷惑をかけることは無いみたいです。
せっかくだからカートに乗ってみたかったのですが、残念ながら貸切中でした。
見学は無料だったので、ちょっと高い位置からレースを見てみました。時速60キロくらいは出ているのかな、うまい人のカートはかなり速い!面白そうです♪

そんなこんなで夕方になってきました。そろそろAquiちゃん夫婦との待ち合わせ場所に移動しなくては。
[PR]
by sen59maru | 2006-08-26 23:59 | 車&ATV

夜遊び@小田原

意外と道が空いていて、待ち合わせ場所にずいぶん早く到着してしまった私たち。箱根からの道は混むだろうから、aquiちゃん夫婦の到着をしばし待とうと思っていたら、なんと予定の30分も前にaquiちゃん夫婦がやってきました。これはラッキー☆とばかりに、さっそく本日のお店へエスコートします。

今回のテーマは「アヤシイお店でWデートしましょ♪」だったので、チョイスしたのは見た目もメニューも怪しい(でも美味しい)お店。ホームページも存在しません。
さて、まずは外装・内装の「怪しさ」。aquiちゃん夫婦の反応を見る限り、なんとか合格点をいただいたみたいです♪
早い時間のためか、店内は貸切状態でした。さっそく大きなメニューを広げて、料理とドリンクを選びます。膨大な数のメニュー、そして独特のネーミングに、しばし盛り上がる私たちでした。

サラダ、ピザ、パスタ等などの定番メニューから、絶品パングラタン、そして幻だったスペアリブまで、いろいろ食べて大満足♪ 私としては、これまで一度もありつけなかったスペアリブをはじめて食せたのがとても嬉しかったです。aquiちゃんが写真を載せているとおり、巨大でありながら柔らかくジューシーでとてもおいしゅうございました。

そして、料理だけでなく、4人でのおしゃべりにも大・大満足♪
本当に、「気づいたら深夜2時」でした。実に7時間はしゃべり続けていたことになります。
4人でゆっくり会うのはこれがはじめてだなんて信じられないほどの盛り上がりでした。あのとき時間に気づかなかったら、おそらく朝までしゃべり続けていましたね、きっと!

とにかく楽しかったですーーーー 夜遊びバンザイ☆
またWデートしましょう!!>aquiちゃんご夫婦
[PR]
by sen59maru | 2006-08-26 23:59 | 美食(?)めぐり

らがん(五反田)

本来不要な社内交渉に時間をとられ、プチグロッキー状態で今日は早めに退社!
こんな日はジムで筋トレでもしようと思っていたら、「五反田に来ない?」とNaoからのメール。会社の人たちと飲んでいると知り、今日に限ってひどくカジュアルな服装で来てしまったことを悔やみました。が、せっかくの機会です。恥を覚悟でおじゃますることにしました。

今日のお店はらがん。五反田に来ることはめったにないのですが、こんないいお店があったとは驚きです。
Naoの上司Mさん、同僚Yさんとは初対面でしたが、いろんなお話をさせていただいて、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。
美味しいお酒とお料理にすっかりいい気分になってしまった私。いつもにましておしゃべりが過ぎてしまったかもしれません(汗)
巨大なほっけ、岩ガキ、ザンギ、ジンギスカン、生ウニパスタ、新鮮なお刺身類、チョリソー&アスパラの炒め物などなど、、、どれも美味しかったです♪(すっかり食べ過ぎました。。。)

そうそう、Mさんからは、珍しいワイン「志太」(シダックスの会長が作ったワイナリーのワインらしいです)をプレゼントしていただきました! どんな味がするのでしょうか。。。楽しみです(でも飲むのも勿体ない気が)

今日もまた、食べ物ネタになってしまいました~~(笑)
[PR]
by sen59maru | 2006-08-22 23:59 | 美食(?)めぐり
前々から注目していた、ワタミが展開する炭火焼肉「炭団」が、最寄り駅のすぐ近くにオープンしているのに気づいたのは、つい最近のことでした。しかも、ライバルと目される「牛角」から50メートルほどの場所に!

牛角は年に数回利用している私たちですが、炭団を試さないわけには行きません。というわけで、早速偵察に行ってまいりました。

【座席】
テーブルか掘りごたつ席を選べます。掘りごたつ席にしてみましたが、靴を脱げるためか心がほっとなごみます。店内は新しいこともあり、清潔かつ綺麗!
※牛角だといつも混んでいて、たいていカウンター席なんですよね。上着も脱げないし、荷物の置き場もないのが不満でした。

【料理】
とろろユッケが650円、ナムル盛り合わせが390円と、安くてびっくり。でもなかなか美味しいのはさすがワタミですね。ユッケジャンスープはそれほど激辛でもなく、坦々麺のスープに近いお味でした。クッパにしたりラーメンをいれたら美味しいはず。
冷やしトマトとかレタスとか、野菜も美味しく感じたのは、やはり食の安全性を重視するワタミだからでしょうか?
肉は、カルビ・ハラミが380円から。思っていたより量が多いのに驚きますが、味にも満足。この値段でこれならまったく問題なし!でしょう。(特にハラミがよかった)
私たちのイチオシは、「豪州産黒毛和種」の上撰カルビ690円。黒毛和種は、オーストラリアで育ててもやっぱり美味しいんだな~と実感する味です。
どの肉も、黒や白のモダンな皿に綺麗に並べて持ってきてくれます。細かいことですが、牛角のように「ぐちゃぁっ」と皿に盛られて出てくるのと比べて、少し気分がいいことに気づきました。

【飲み物】
結構充実しています。ソフトドリンクには濃厚安田ヨーグルトドリンク」「琉球もろみ酢ソーダ」「ウコン茶」など、ヘルシーなものも並びます。アルコールの種類も多いですが、マッコリまで置いてあるのには感心しました。マッコリベースのカクテルを飲んでみましたが、飲みやすくておいしかったです。

【炭火】
一見普通のロースターかと思いきや、きちんと炭火です。煙はまったく気になりません。近くのテーブルで喫煙している客がいましたが、換気設備がちゃんとしているせいか、匂いも煙も来ないのでまったく気づきませんでした。網の取替えについても、店員が声をかけてくれるので◎。

【営業時間】
通常はAM3時まで。金・土・休前日はAM5時までだそうです。牛角は12時閉店なので、かなり窮地に立たされるのではないでしょうか。

結論として、私たちはこの「炭団」がかなり気に入りました。次回は違うメニューも試したいと思います♪
[PR]
by sen59maru | 2006-08-20 23:59 | 美食(?)めぐり

某中華料理屋@駅ビル内

お盆weekだったというのに超ハードスケジュールな1週間が終わり、ほっと休息の土曜日。朝から暑いです。。。洗濯や掃除をしただけで、もう汗が止まりません。犬も少々バテ気味のようです。

この暑さなので、「今日は遠出せず、地元の美味しい店を開拓しよう」と決めていました。ネットで情報収集した結果いくつかの候補店が見つかったので、その中の1店舗に向かうべく駅ビルにでかけたのでした。

目指していたのは、蕎麦屋なのにラーメンが有名(王様の○○ンチでも紹介された)なお店。

だったのですが、、、

いざ店の入り口に来てみると、料理サンプルのラーメンが「おいしくなさそう(苦笑)」かつ「サイドメニューが選べない!!(まぁ、本当は蕎麦屋ですから。。。)」というわけで、すっかり入る勇気をなくしてしまった私たち。
悩んだ結果、同じフロアにある、まったくノーマークだった中華料理屋さんに挑戦することにしました。
なんとなく高級そうなイメージがあったので、これまで入ったことのなかった店だったのですが、メニューをよく見ると、コースはひとり1,980円から! 「もしかして、リーズナブルで美味しいんじゃないかな?」と急に期待がふくらみます。

前菜3種は、鶏肉・豚肉・クラゲ。クラゲの量がやたら多いなーとは思いましたが、どれも味はまあまあ。
温かいウーロン茶を頼むと、急須で持ってきてくれましたが、これがなぜかぬるいのです。
ふと見れば、淹れたてのお茶を保温ポット(電気式ではない)にドボドボ移していました。そのポットから急須にお茶を入れ替えて、テーブルに運んできてるんですね。

前菜がまだ半分も残っている状態で、次の「魚介と野菜の炒め物」が運ばれました。量は少なめ。えび・ホタテ・いかがきっちり2つずつ入っているのが印象的でした(苦笑)
魚介はどれも冷凍だとはっきりわかる味。。。イカにいたっては、食感が全然違うものになっていました。

そうこうしているうちに店内が混み始めました。しかし、土曜の夕方だというのに、ホール係はたったの1人。オーダーを早くとってくれ、お茶のおかわりをくれ、早く料理を運んでくれ、とお客さんたちのリクエストは次々出てくるのですが、まったくそれに応えることができていません。

私たちのテーブルも、「魚介と野菜の炒め物」に続くはずの料理がいつまで経っても出てきませんでした。そのうち、私たちより後に入店したお客さんの「チャーハンセット」とか「つゆそばセット」が先に出てくる始末。

それを横目に、これだけ待たせるんだから、さぞや「肉料理」はすごいんだろうな~なんて話しているところに、やっと来ました。。。チンジャオロースーが。
いや、チンジャオロースーは好きですよ。好きなんですが、量も少ないし味は可もなく不可もなく、という感じ。それに、これを「肉料理」と言い切るにはかなり勇気がいるかと。。。

その次もまた、長ーく待たされまして、「手作り点心2種」がやっと供されました。
肉しゅうまいはどう考えても市販の味です。桃饅頭は、まるでアンパンのようなパサパサ感でした。

・・・周りの客が食べ終えて次々と帰ってゆきます。でも、私たちのコースはまだ続くのでした。

次が「広東風チャーハン」。出てきたものを見て目が点になりました。明らかに間違ってる(苦笑)。見た目は、「炒り卵をまぜたご飯」です。野菜が高騰しているためなのか、ねぎがほとんど入っていません。食べてみましたが、やっぱりこれは「炒」飯ではないですね。火力が弱かったのか、卵とご飯がなじんでいないし、炒飯に不可欠な「パラリ感」が皆無です。味付けもほとんど無し!? 飾りのつもりなのか海老が乗せられていましが、これまた下味もなく、ただ海老をボイルしただけでしょう。この質でありながら、量も1人前程度しかありませんでした。

日本で食べた炒飯の中でワースト3に入るシロモノを食べ終え、ようやく最後の「特製デザート」を残すのみとなりました。「特製」なんて仰々しいことを書いていますが、どうせ杏仁豆腐じゃないの?と話していたら、本当に杏仁豆腐でした(苦笑)。
この杏仁豆腐だけは、普通に美味しかったです。どこが「特製」なのかは謎でしたけどね。

この内容でひとり1,980円とは、はっきり言って高すぎます。もっと安くて美味しいお店がいくらでもありますから。

「美味しいお店を開拓するのだ!」とはりきっていた私たちでしたが、今日は完全にハズレ。味も残念でしたがお腹も満たされませんでした。。。
[PR]
by sen59maru | 2006-08-19 23:59 | 美食(?)めぐり

おようふく

満たされないディナーのあと、せっかく駅ビルに来たので本屋&CDショップをブラブラしてみました。
が、雑誌類はちょうど販売日前のものが多くて品薄、CDショップもいまいちピンと来るものがなく、珍しく収穫がありませんでした。

じゃあ服でも買おうかな、とあちらこちら見ていたところ、私がふと目を留めたコーディネート(白いキャミソールに茶のロングカーデ)にNaoも「これいいんじゃん」と反応してくれたのでした。
「あ、やっぱりいいと思う? 買おうかな~」と盛り上がる私に、「ほら、これも」とNaoが指差したのは、そのコーディネートに合うと思われるデニムのミニスカートでした。

ストーンウォッシュ加工がかもし出すカジュアルな色味。ベルト部分には銀ラメのレーステープが縫い付けられており、バックのポケットにはラインストーンと刺繍が施されています。このらぶり~♪なミニスカートですと!?

「これ、絶対自分じゃ選ばないでしょ」というので、「もちろん!」と即答する私。「だからこそ、勧めてるんだよ」とNao。自分でファッションの「枠」を作ってしまうのではなく、いろんなタイプの服が着こなせるようになってほしい・・・ということなんだそうです。

そういうことならば!と勇気をふりしぼって試着してみたら意外と普通に履けたので、「普段着として」購入することにしました。
普段着にミニスカって履いてなかったんですが、こういう服を着て鏡の前に立つことで「あー太った!ダイエットせねば!!」なんて、自分を鼓舞することができるのかもしれませんね。
[PR]
by sen59maru | 2006-08-19 23:59 | 買ったモノ欲しいモノ

焼肉 ぴゅあ with K社長

昼は蒸し暑く、夜にはスコールのような雷雨。そんな日が続いている気がします。

さて今日は、Kさんからお誘いを受けて、Kさん、Nao、私の3人でお食事に行きました。
Kさんと私たちはもう5年くらいのおつきあい。もともとNaoの仕事を通じて知り合ったのですが、とてもパワフルで楽しく面白い方で、仕事を離れたところでもすっかり仲良くさせてもらっています。(実は私とKさんは星座&血液型が一緒なのです! どこか似ているところがあるのかも?)

Kさんはまだ30代なのですが、実は起業して1年になる若き社長さんです!
「社長になってから美味しいものを食べる機会が増えた」というKさんリコメンドのお店「焼肉 ぴゅあ」は、知らないと絶対通り過ぎてしまいそうな場所にあるお店でした。

店内はシンプルな作りで、お盆休みのためかお客さんは私たち以外にはサラリーマンのグループが3組ほど。いつもはたいてい混んでいるのだそうです。

さっそく、Kさんおすすめのメニューからオーダー開始です。

「和牛ぴゅあロース」「ぴゅあカルビ」が運ばれてきて、しばし絶句。見た目だけで「これは間違いなく美味しいっしょ!!」というくらい美しいお肉なのです。しかも柔らかくてジューシー♪
お肉もビールも進むこと進むこと。それに比例して、おしゃべりにも花が咲きます。
ほんとうに「水入らず」(by Kさん)の楽しいディナーでした。

ネットで知ったのですが、あのお店は全農直営店なんですね。そういえばスティックサラダの野菜が新鮮で美味しかった気がします。

Kさん、美味しい焼肉ごちそうさまでした!
[PR]
by sen59maru | 2006-08-16 23:59 | 美食(?)めぐり

どんぶり北海道

暑い暑い1日。めずらしくNaoと待ち合わせて品川でディナーしました。

行ったのはNaoおすすめの「どんぶり北海道」@品達どんぶりです。

まずは行列にびっくり。そして値段の安さにまたびっくり。

私が選んだのは北海道巴丼。いくら&うに&たらばがにを楽しめて、荒磯汁(のり&わかめ入り)がついて1,580円は安い!特にうにが大きくて甘くて、最高でした。
質も値段もまさに北海道と同レベル。また来たいお店です。
[PR]
by sen59maru | 2006-08-14 23:59 | 美食(?)めぐり